紫外線と肌の老化の関係

紫外線の影響でシミができることはよく知られていると思いますが、
それだけでなく、紫外線は肌を老化させることがあります。

これは「光老化」と呼ばれるもので、紫外線の影響には注意が必要です。

光老化って何?

肌が老化するというと、シミはもちろん、シワを思い浮かべると思います。
シワができると、多くの人は「歳のせい」と思うかもしれません。
しかしシワは、加齢によるだけでなく、紫外線によっても起こります。

加齢による老化は「自然老化」と呼ばれ、
紫外線による「光老化」と区別されますが、
老化のうち、自然老化は20%で、
実に80%は光老化、紫外線が原因となっていると言われています。

光老化の進行具合を知るためには、紫外線を浴びている肌と、
浴びていない肌とを比べることがオススメです。

たとえば顔など紫外線を浴びる場所の肌と、上腕の内側など、
あまり紫外線を浴びることがない場所の肌とを比べてみましょう。

もし顔のほうが、シミやシワが目立っているようなら、
光老化が進行している可能性があります。

光老化はどのような紫外線によって起こるの?

ひとことで「紫外線」と呼ばれますが、実は紫外線にも様々な種類があります。
大きく分けると3種類、UVA、UVB、UVCで、この順番は、紫外線の波長が長い順です。

このうち地上にまで届く紫外線はUVAとUVBで、
波長が短いUVBの方が、UVAよりエネルギーが高くなります。

UVBはエネルギーが高いため、肌に腫れや痛みなど大きな損傷を与えることになります。

ただ波長が短いため到達力が低く、ダメージは真皮の比較的浅いところに留まりますし、
曇りの日には雲を通過することができません。

それに対してUVAはエネルギーは低いものの到達力が高く、
曇りの日でも地上に降り注ぎます。

肌に当たると、真皮の深いところまで到達するため、
肌にじわじわと深刻なダメージを与え、UVBよりもむしろ怖い存在だといえるでしょう。

肌の光老化は、このUVA、UVBの両方の紫外線により引き起こされています。

光老化が現れるのは30代から

光老化の症状が現れてくるのは、30代からと言われています。

一般に日焼けすると肌が黒くなるのは、表皮基底層にあるメラノサイトが、
紫外線を受けることによってメラニン色素を生成した結果です。

メラニン色素は、皮膚の細胞にあるDNAが、
紫外線によって損傷されることを防ぐ、重要な役割を担っています。

メラニン色素は通常であれば、ターンオーバーの働きによって自然に排出されていきます。

ところがたくさんの紫外線を浴びすぎると、
メラノサイトはその異常事態にうまく対処することができず、
過剰にメラニン色素を生成するようになってしまいます。

メラニン色素の過剰生成は、紫外線の影響を受けなくなってからも収まらず、
その結果、シミとして残ってしまうことになります。

また光老化によって起こるシワは、加齢とともに現れるちりめん状のシワとは異なり、
紫外線によって真皮がダメージを受けることにより、
コラーゲン繊維やエラスチンが損傷を受けてできます。

そのため皮膚が弾力を失い、ハリがなくなってしまうことになってしまうのです。

肌のシミって何が原因でできるの?

シミについて