シミに効果がある薬

シミは一旦できてしまうと、なかなか取り除くことが難しくなります。
レーザー治療などが有効な場合もありますが、レーザー治療では取り除けないシミもあります。

ところが2007年に、シミに効果がある薬が第一三共ヘルスケア社から発売されました。
どのような効果がある薬なのでしょう。

肝斑に効果がある

この薬は、シミの中でも肝斑に効果があります。

他のシミにも全く効果がないということではないようですが、実際に臨床試験を行ったところ、
肝斑にのみ、明らかな効果が認められたということのようです。

臨床試験では、肝斑の症状がある200人の人に、
8週間にわたって薬を飲んでもらうということをしたそうです。

その結果、約8割の人が、症状が改善したという結果だったのだそうです。

症状の改善の程度は、人によりばらつきはありますが、
だいたいファンデーションでいえば1〜2段階明るくなったことに相当します。

多くの人が、薬を飲み始めて2週間くらいで、効果を実感しているようです。

配合されている成分はトラネキサム酸

この薬に配合されている成分は、トラネキサム酸です。
トラネキサム酸は元々、止血のための医薬品として用いられてきました。

ところがたまたま、蕁麻疹の患者さんがこのトラネキサム酸を服用したところ、
肝斑が薄くなうるという効果が認められ、それから臨床試験を行い、
肝斑のための医薬品として発売されるに至ったようです。

肌のシミって何が原因でできるの?

シミについて